top of page

地方の中小企業が、全国放送のテレビで取り上げられるためには?


地方の中小企業が、全国放送のテレビで取り上げられるためには?
地方の中小企業が、全国放送のテレビで取り上げられるためには?

私は中小企業に特化し、全国各地の中小企業の経営者様に、マーケティングの戦略から実行を中心に、経営面まで、経営者の抱える課題全般の解決のサポートをさせていだいています。これまで200社以上のコンサルをさせていただいており、定めたゴールに対する達成度は90%以上を継続しています。


今回のテーマは「地方の中小企業が、全国放送のテレビで取り上げられるためには?」です。


地方の中小企業が、全国放送のテレビで取り上げられるためには?


全国放送のテレビが取り上げたくなるポイント


全国放送で商品・サービスが認知されることは、地方の中小企業が成長する大きなきっかけになることがあります。実際、私も担当した企業が、全国放送で商品が紹介されたことをきっかけに、ECでの売上が急増したり、取引先からの問い合わせが増えて販路が増えるなどのケースを多々手がけてきました。


全国放送のテレビで取り上げられるには、テレビが取り上げたくなる理由や必然性が重要になってきます。自社の思い込みではなく、テレビ側のフィルターを踏まえて考えると、取り上げてもらえる確度は高まります。以下がポイントとなります。


  • ユニークな商品やサービスの開発:オリジナリティや話題性のある商品やサービスは地域問わずメディアの注目を集めやすいものです。さらに、地域特性を活かしたアイデアがある商品やサービスはさらに注目を集めやすくなります。


  • 社会的なインパクトのある取り組み:地域課題の解決や環境・資源の保護など、社会的意義のある商品・サービス・活動はメディアの注目を集めやすくなります。そこに、企業や経営者の歴史、創業者の思い、困難を乗り越えた経緯など、感動を呼ぶストーリーがあれば、なお良いでしょう。

  • SNSやウェブマーケティングの活用 :メディアは常に情報を集めているものです。特に最新の情報はTikTokやインスタグラムなどSNSをチェックしています。SNSで話題を作り、オンライン上で注目を集めることで、声がかかる確率は上がります。


  • プレスリリースの活用:上記のような内容で、効果的なプレスリリースを作成し、定期的に配信することで、メディアとの関係が構築され、メディアの中で取材候補としてストックされることになります。

  • アワード受賞:アワードや展示会など各種コンテストで受賞することで、メディアの注目を集めやすくなります。


  • 「No.1」や「XX初」:商品やサービスが何かで一番になったり、世界初のことだったりすることがあれば、必然的にメディアからの注目は集まりやすくなります。


  • 経営者:特徴のある経営者、注目している経営者を紹介してほしいという依頼は、メディアからよくきます。人を中心とした番組組み立ても多くあるため、経営者のイメージや魅力もフックになります。


  • 著名人や影響力のある人物との連携:著名人や影響力のある人物が企業の商品やサービスを利用していると、消費者だけでなく、メディアからの注目度も高まります。広告はお金を払って起用するものですが、自発的に使ってもらっている場合には、費用がかかりません。また広告とは違い、本音で愛用しているということもメディアからはニュース価値が高いと評価される面もあるでしょう。


  • 季節ネタや時事ネタなどタイムリーな話題の活用: 時事問題や流行と自社の取り組みを関連付けることで、ニュース性は高めます。


これらの方法を組み合わせて継続的に努力することで、全国放送で取り上げられる可能性が高まります。ただし、一朝一夕には難しいため、長期的な視点で取り組むことが重要です。


また上記とともに重要なことがあります。それは企業担当者の商品やサービスへの「愛」です。いたって、主観的でアナログな話ではありますが、毎日数十、数百の情報提供が来る中で、テレビに取り上げてもらうことは、通常であればかなり難しいです。見るだけでも大変なのが実情です。したがって、普通にプレスリリースをネットで発信して、取材を待っていても、ほとんどの場合、なかなか声はかかりません。溢れる思いから来る裏話や自信は、通り一辺倒のリリースとは異なり、内容がメディアにも伝わりやすくなります。結果的に、メディアも面白いという形になり、取り上げられる確率もたかくなります。


最後に


当社のサービスは中小企業に特化しています。すべてお任せいただくPR契約から、企業自身がプレスリリースの書き方を実践的に学ぶことができる講座など、中小企業のPR力が高まるサービスをご用意しています。ぜひお問い合わせください。




Comentarios


bottom of page